競売の流れを知って賢く物件売買~住まいの救助戦隊~

早い対策と行動が重要

危険な期限の利益の喪失

集合住宅

住宅を購入する際には、ほとんどの方が金融機関で住宅ローンを借りることになります。その住宅ローンを滞納してしまうと、競売手続きが開始され最終的には強制的に家から追い出されることになります。競売は債務者から見ればデメリットしかありません。競売手続きとならないためにも、競売の流れを確認しておきましょう。住宅ローンを滞納すると、すぐに督促状や催告書が届くようになります。この督促状や催告書を放置していると、期限の利益が喪失した旨の通知が届きます。この期限の利益が喪失してしまうと、その後分割で返済することが不可能となり、一括で返済しなければならなくなります。そして金融機関は保証会社に代位弁済を要求することになり、保証会社が債務者に一括での返済を求めるようになります。この流れまでくると、いよいよ競売が間近に迫っています。

半年以内には強制退去

保証会社による一括での返済要求に応えることができなければ、競売手続きが開始されます。手続きが開始される流れまでくると、住宅を自由に売却することも不可能になります。申し立ては債権者の同意がなければ取り下げることができないほか、遅くとも半年以内に家から追い出されることになります。競売の申し立てがあると、管轄する地方裁判所より競売開始決定の通知が届きます。不動産登記簿に差押え登記がされるほか、執行官が物件の情報を得るために訪問してきます。その後入札期間を知らせる通知が届いた後で、入札が開始されます。落札者が表れると、家の所有者が変更されることになります。既に家の所有者でないため、速やかに退去しないと不法滞在として訴えられることになってしまうのです。これが競売の流れです。競売とならないためにも、金融機関との協議や任意売却などを少しでも早く検討することが重要です。

不動産の売買

不動産

競売の流れとしては、住宅ローンなどが返済できない場合、担保に入れていた不動産物件を裁判所が強制的に競売にかけるということです。今後は、競売の認知度も上がり、不動産投資の観点からも着目されると考えられます。

詳細を確認する...

信頼できるお店でチェック

集合住宅

不動産会社を選ぶときには、会員登録しておいて信頼できる物件を見つけられるかどうかにかかっているのです。住みやすいように情報提供に余念がない和光市内の業者のサイトは、非常に見やすいと評判が高く、人気となっています。

詳細を確認する...

埼玉県の物件販売店

集合住宅

新座への転居を考慮するなら、都心部周辺の不動産情報を専門的に扱ったサイトの利用が重要となります。都心部周辺はサラリーマンや学生のベッドタウンとして高い需要があるため、迅速に情報を入手しないとすぐに物件が埋まってしまいます。

詳細を確認する...